旅する人生のはじめ方

海外旅行、語学留学、世界一周、海外出張、国際恋愛、サーフトリップの楽しみを語ります。

ポーランドのおすすめ観光スポット②(ポズナンの憩いの場)

ポーランドポズナンという街をご存知でしょうか。ワルシャワクラクフと比べると存在感は控えめですが、実はポーランド史上、最古の都市であり、交易都市として栄えた美しい街なのです。

例えば、ポズナンを象徴する旧市場広場。ルネサンス様式の旧市庁舎やカラフルな建物に囲われた人気の観光スポットです。まるで絵本の世界に迷い込んだような気分です。

しかし、旅の本当の楽しさとは、美しい風景の切り抜きよりも、現地のありふれた日常にあったりします。

そこで今回はポーランド人女性マルタに教えてもらった、ポズナン市民の憩いの場を紹介したいと思います。

 

 

夜のビーチラウンジでビールを楽しむ

ドイツとロシアに挟まれたポーランドは隠れたビール大国であり、ウォッカ大国でもあります。マルタが初めて訪日したときに持ってきたお土産もビールでした。なので、マルタはお酒の楽しみ方を知っています。

「ビールを飲むのにとっておきの場所があるの」とマルタに誘われた私は街中のバーに連れられました。てっきり「このお店?」と思いましたが、「いやいや」と言ってマルタはウォッカを注文します。そして、一緒にワンショット飲み干してものの数分で店を出ます。「おお、なんかポーランドっぽい!」と喜ぶと、マルタは満足気に「これが定番のスタイルなの」と言っていました。

それからバルタ川の河川敷のビーチラウンジに到着しました。ビーチラウンジといってもポズナンは海に面していないので恐らくどこかの砂を敷いただけの、海の家のようなところです。沢山の若者たちが集まっていました。

f:id:must-buy:20200119163806j:plain

プレハブ小屋でビールを購入した私たちは川辺に座ってビールを楽しみました。日本でいう鴨川の河川敷的な場所なのでしょうか。カップルたちが点々と川辺に座っていました。ローカルにとってはありふれた日常なのかもしれませんが、私にとっては観光ガイドにはない特別な体験に感じられるのでした。

場所はバルタ川沿いの「Barbarka ze spokojem」というところです。ポズナン中心街から歩いていける距離なので気軽に立ち寄れます。

goo.gl

 

旧市街で正午のカラクリ時計を鑑賞する

旧市場広場のシンボルであるルネサンス様式の旧庁舎には二頭のヤギが喧嘩するカラクリ時計が設けられており、正午になると鐘の音とともに二頭のヤギが観光客を沸かせます。

f:id:must-buy:20200119170414j:plain

「ビール飲みながら眺めるのがおすすめだよ」とビール好きのマルタ。

f:id:must-buy:20200119171910j:plain

この旧市場広場にはテラス席が広がっているので、ちょっと早めにテラス席を確保しておくと、ゆったりカラクリ時計を楽しむことができます。

goo.gl

 

眺めの良い穴場でコーヒーを楽しむ

ポズナンには沢山のカフェがありますが、眺めの良いカフェはあまり見当たりません。そこで、マルタのおすすめはこのショッピングモールでした。

1階のスターバックスでコーヒーを買い、エスカレータで屋上テラスまで上がると、ちょっと眺めの良い穴場があります。特別、何が見えるわけではありませんが、日本でいうイオンの屋上テラス的な位置づけでしょうか。

f:id:must-buy:20200119174234j:plain

現地の人々の憩いの場になっているので、スタバを利用する際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

goo.gl

クルニツキエ湖でカヌーを楽しむ

ポーランドは無数の川や湖に恵まれておりカヌーが盛んです。水遊び好きの私もカヌーのレンタル場を見るといてもて立ってもいられなくなります。

そんなわけで、クルニク城の帰り道にマルタにせがんでカヌー遊びをすることにしました。

f:id:must-buy:20200119190100j:plain

この辺でカヌーをレンタルできます。

goo.gl

ウォーターパークで遊ぶ

水遊びといえば、マルタは水泳が好きだというのでウォーターパークにも足を運びました。ポズナンで一番大きいウォーターパークです。

ウォータースライダーで遊んだり、鬼ごっこをしたり、子供のように遊んでいました。

観光客は皆無ですが、カップルやファミリーで賑わうとても居心地のよいプールでした。

goo.gl

 

いかがでしたでしょうか。今回はローカル目線でポズナンの楽しみ方を紹介してみました。その土地の魅力はローカルに教わるのが一番、ということで、一味違った旅の魅力が伝わりましたら幸いです。